ニューヨーク市警察 テロ対策訓練にVR導入

ニューヨーク市警察(NYPD)が、テロ対策部門の警察官の訓練にVRを導入したことが明らかになった

銃撃戦や人質事件などの実例に基づいて状況を再現し、VRヘッドマウントディスプレイを使って実戦さながらの訓練を行うというもの。

訓練にはアメリカのVR企業V-Armedが開発したプログラムが使用されている。

VRシミュレーションでは、実際の訓練では難しいような、学校における銃乱射事件や人質事件で死傷者が出ている状況も再現することができるという。

下の動画では実際の訓練の様子を見ることができる

コメント

PR
タイトルとURLをコピーしました