中国産大作MMORPG「天諭」(Revelation Online) 欧米サービスが決定

My.comは、中国のNetEaseが自社スタジオのPanguで開発したMMORPG「天諭」(Revelation Online)の欧米サービスが決定したと発表した。

revelationonline_mycom_announce.jpg


昨年のちょうどこの時期にベータテストのインプレッションを当サイトでも紹介したが、「天諭」はオリエンタルファンタジーの世界観で、中国産のMMORPGらしい様々なコンテンツが満載のゲームとなっている。
パクリを超えた“何か”・・・MMORPG「天諭」 ファーストインプレッション

中国ゲーム業界のNo.2であるNetEaseが力を入れていただけあり、なんだかんだで今も中国の人気オンラインゲームの上位には名を連ねている。

ゲームの発表当初から、「ブレイドアンドソウル」のような軽功アクションとAionのような翼を使った飛行が組み合わされていたり、公式トレイラーがMAD動画のようだったり、キャラメイクのプリセットにクレイトスのようなのがあったり、ゲームの壁紙がAionを彷彿とさせたり、どこかで見たような要素が色々な意味で注目されてきた。

中国では2015年から1年間オープンベータ(?)を実施し、今年の4月に「完全体オープンベータテスト」を開始したという意味のわからない状況だが、筆者が昨年少しプレイして感じたのは、思ったよりもよく出来ているけど何か足りない中国産らしいオーソドックスなテーマパーク型MMORPGだった。
戦闘はターゲット方式とTPS風のオートターゲット方式が混在する形となっている。

欧米サービスのクローズドβテストは2016年秋に予定されているとのこと。

Revelation Online 公式サイト

▼中国版の最新ムービー

▼戦闘紹介動画(2014年当時のもの)

現時点では、天諭の日本サービスは発表されていない。

天諭の関連記事一覧

コメント

PR
タイトルとURLをコピーしました