海外企業 オンラインゲームの「エミュ鯖」取り締まりを強化

Blizzard Entertainment、NCSOFT、ネクソンといった大手のオンラインゲーム企業が、オンラインゲームのサービスを違法に行っているプライベートサーバー(エミュレーションサーバー)の取り締まりを強化していると海外メディアが報じた。

wownostalrius_shutdown.jpg



直近では、アクティブプレイヤー数15万人を誇ったWorld of Warcraftのプライベートサーバー「Nostalrius」が著作権侵害の訴訟を受けて閉鎖された他、4月15日にはメイプルストーリーのプライベートサーバー運営者が摘発されたことをネクソンが明らかにした。2月には、「リネージュ」のプライベートサーバー管理者が韓国で書類送検されている。

日本においては、2012年に「タワーオブアイオン」のプライベートサーバーの運営者だけでなく、利用者も書類送検されている。

ZDNetによると、プライベートサーバーによる被害はオンラインゲームが盛んな韓国国内だけで150億円に上るという。

プライベートサーバーは2000年代の初頭に、ソースコードが流出したり、リバースエンジニアリング等によるソースコードの解析によって行われ始め、ロシアや中国、東南アジア、東欧、中南米といった地域でかなり盛んに運営されてきた。
人気の背景には、単純に無料のサーバーだからという以外に、そういった国々ではサービスが行われておらず、グローバルバージョンに自国の言語がなく、プライベートサーバーの開発者が独自にローカライズしているという事もあるようだ。

また、最近閉鎖されたWoWの「Nostalrius」は、World of Warcraftの初期の頃の仕様で運営されているということも人気に繋がっていた。

儲かるエミュ鯖

サーバーの管理費でむしろ赤字と思われがちなプライベートサーバーだが、近年では、プレイヤー数が多く人気があると、広告費等によって収益を上げられる事も知られている。

最大手のプライベートサーバーにもなると、年間10億円以上も収益を得ているという。

こういったプライベートサーバー用のDDoS防御サービスも存在しているようだ。

一方で、現地に権利の保有者がおらず、法的措置が難しい国にサーバーを設置するという手段を取るプライベートサーバーも存在している。

こういったサーバーには、その国の法務法人を介して対応したり、プライベートサーバーのウェブサイトに設置された広告やウェブホスティングサービス会社に対して法的手続きをし、広告やホスティングサービスを遮断したり、検索エンジンの検索結果に表示されないようにするなどしてプライベートサーバーの運営と利用者のアクセスを困難にさせるように対応しているという。

業界関係者は、「オンラインゲーム市場が不振だと言われるが、プライベートサーバーの規模が拡大している状況を見ると、まだオンラインゲーム市場が成長する可能性が残っている。しかし、まずはプライベートサーバーを広めているフォーラム運営者などを特定してこれを根絶することが最重要だ」と話している。

ソース: ZDNet Korea

コメント

PR
タイトルとURLをコピーしました