ArcheAge XLGAMESの従業員と顧客の間で揉め事。関連掲示板等が炎上し会社側は謝罪

MMORPG「ArcheAge」の開発・運営を行なっているXLGAMESの従業員が本社を訪問したユーザーに対して暴言ともとれる非常に悪い態度で対応し、これが一部始終録音されてインターネットの掲示板にアップされたため瞬く間に炎上し、XLGAMESが公式に謝罪する事態となっている。

xlgamesaporogize.jpg

ArcheAge韓国公式サイトのトップに大々的に「お詫び申し上げます」と掲載されている

いったいなにがあったのか。以下で説明する。


5月3日にArcheAgeのプレイヤー「プァラドリ(봐라도리)」がXLGAMESの本社を訪れた。

なぜ本社を訪れたかというと、このユーザーのアカウントがアカウントハックに遭ったためだ。

韓国ではアカウントは非常に厳しく管理されており、住民登録番号に加えて本人確認が必要となる。
本人確認は以前はクレジットカードで行えたが、現在では法改正でクレジットカードでの本人確認ができなくなってしまったようだ。
携帯電話での認証も可能だが、このユーザーは法改正前にクレジットカードで認証していたため、携帯電話での認証が行えなかったという。
そのためこのユーザーのアカウントの本人確認が難しくなり、サポートで対応してもらえなかったとのこと。
XLGAMES側は本社に来ても対応できないと断ったが、抗議と本人確認のために本社を訪れたというわけだ。(ハンゲーム等の場合は本社に行けば本人認証可能だったため)

しかしXLGAMESの本社にはカスタマーサポートはなく、セキュリティ担当者がいただけであった。
このセキュリティ担当者に責任者を呼ぶように伝えたがあしらわれ、さらに暴言のようなことを吐かれたため、怒って無理やり中に入ろうとして一悶着あったようだ。
このセキュリティ担当者は入れ墨が目立つような近寄りがたい雰囲気の人物だったとのこと。

XLGAMESは従業員の態度に問題があったことを認めたが、このユーザーが怒ってガラスの壁を蹴ってオフィスへ侵入しようとしたため、セキュリティ担当者といざこざがあったと説明している。
また、ユーザー側は暴行を受けたと主張しているが、XLGAMESは直接的な暴行はなかったと反論している。

スマートフォンを使ってだろうか、このユーザーは口論の一部始終を録音。それをアップしてinvenの掲示板に投稿した。
録音された会話その1
録音された会話その2

このやりとりが公開されるやいなや、多くのユーザーがXLGAMESを非難した。
一部のユーザーは、アカウントハックに遭ったこのユーザーの態度にも問題があり、録音のために誘導しているようにも聞こえると指摘したが、顧客への対応と理不尽なサポート、さらには録音されたデータもあってか、ArcheAgeの関連掲示板等が炎上する形となった。

XLGAMESは5月14日、公式サイトに謝罪文を掲載、Jake Song代表は、セキュリティ担当や関連部署の人事措置を行い、総合的な顧客対応を改善するとした。

それにしても、なぜ本人認証がここまで頑なに行えないのか疑問だが、他のオンラインゲーム運営はこれを反面教師にしてもらいたいものだ。

情報元:
inven
inven(アカウントハックに遭ったユーザーの投稿)
THIS IS GAME
GameMeca
ArcheAge 公式サイト

コメント

PR
タイトルとURLをコピーしました