MMORPG「ローズオンライン」の運営会社が破産開始決定。運営・開発は継続

MMORPG「ローズオンライン」を運営・開発するローズオンラインジャパンが4月2日に横浜地裁より破産開始決定を受けたことが明らかになった

負債総額は債権者46名に対して約4億3000万円。

 オンラインゲームのアプリ開発としてスタート。その後、無料オンラインRPG(ロールプレインゲーム)「ローズオンライン」の開発・運営に移行し、自社による無料オンラインRPG運営の他、他社のゲームアプリ開発なども行っていた。
 しかし、当初2年を予定していた「ローズオンライン」の開発に4年を要したうえ、他社用に開発したゲームも人気が出ず、2019年3月期の売上高が約1億200万円に留まり、約4500万円の営業損失を計上し、当期純損失が4700万円に膨らみ債務超過が1億1900万円に拡大した。社員への給料の未払いが発生する中、2019年秋には社員を解雇し、1月に事業を停止していた。

ゲームサービスは継続

公式サイトでは破産手続きを行ったことについて告知が掲載されており、ローズオンラインの運営・開発は今後も行っていくと説明されている。

いつもローズオンラインをご愛好いただきありがとうございます。

本日掲載されている「ローズオンラインジャパン株式会社の破産手続き」に関する記事について
ご不安になられた方がおられることと思われますが、
ローズオンラインの運営につきましては「ローズオンラインマネジメントチーム」にて
今後も継続して運営・開発を行ってまいりますのでご安心ください。

また、近々ダンジョンの階層追加等を含むアップデートを準備中ですので
お楽しみにしていただけますと幸いです。

なお、少し先の予定とはなりますが7月にある15周年記念では
大型アップデートの準備を進めております。

このアップデート内容については高難易度とはなりますが、
合わせてお楽しみにしていただけますようお願い申し上げます。

ソース: 東京商工リサーチ

コメント

PR
タイトルとURLをコピーしました