MMORPG「ギルドウォーズ2」 欧米と同じパッケージ+アイテム課金で中国市場に挑む

空中網は、ArenaNet開発のMMORPG「Guild Wars 2」の中国サービスに関し、グローバル版と同じくパッケージ料金+アイテム課金(月額無料)の料金形態を採用することを明らかにした。また、3月11日よりベータテストを開始することも発表された。

gw2china311beta.jpg

昨今の中国市場では基本プレイ無料+アイテム課金のゲームが圧倒的多数を占めており、韓国では月額課金制だった「Blade & Soul」も中国市場では基本プレイ無料に切り替えるというローカライズ戦略が取られている。

そういった中でBuy-to-Playの料金形態を選択したのは英断だが、3月11日からのベータテストには免费试玩(無料試遊)という名前がつけられており、まずはゲームを触ってほしいというのが運営側の戦略だ。

ギルドウォーズ2は中国のゲーマーの間でも好評で、17173.comの記事では4163人中4021人(96%)が「期待している」と評価した。

また、中国サービスでは独自のチュートリアルモードを導入しつつもゲームのバージョンはグローバル版とほぼ同じで、アップデートも基本的にグローバル版から1日以内で行うという。

さらに興味深いのは、中国版の公式サイトの作品紹介ページで海外大手メディアのレビューを紹介したり、トレーラーの中で海外のプレイヤーのコメントを紹介するなど、中国の他のオンラインゲームではあまりお目にかかれない宣伝がされているということだ。

中国では年内に「ギルドウォーズ2」のほか、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」「TERA」「ArcheAge」などもサービス開始予定で、”激戦”は必至だ。

Guild Wars 2 公式サイト
Guild Wars 2 中国公式サイト

via gamesindustry

コメント

PR
タイトルとURLをコピーしました