ROのクラシックサーバー「ラグナロク: ゼロ」が発表。昔のROを改善されたシステムで遊べる

Gravityは、MMORPG「ラグナロクオンライン」のクラシックサーバーとなる「Ragnarok: Zero」をPC向けに発表した。

RO_zero.jpg


「ラグナロク:ゼロ」は、PCオンラインゲーム「ラグナロクオンライン」の”クラシックサーバー”
簡潔に説明すると、昔のラグナロクオンラインを当時よりも改善されたシステムやゲームバランスでプレイできるサーバーだ。

海外メディアによるインタビューの内容を以下にまとめた

  • 基本プレイ無料
  • ラグナロクオンラインとは異なる料金形態を構築
  • ゲームバランスに直接影響する課金アイテムは排除した
  • 課金アイテムショップでは主に衣装を販売する。少し便利になるプレミアムサービスを提供する予定もある
  • 「ゼロ」の開発でRO本サービスが疎かにはならない
  • ROに投資している開発・運用コストを削減する計画はなく、「ゼロ」に伴って開発スタッフを補充する予定
  • 11月に韓国でβテスト開始
  • 「ゼロ」のクライアントは本サービスとは別のもの

単なる過去バージョンの再現ではない

  • リニューアル前の、昔のラグナロクオンラインを楽しみたいというプレイヤーがたくさんいたため、「ゼロ」を企画するきっかけになった
  • 思い出は時間が経つと美化される事もあるので、「ゼロ」は企画段階から、今のトレンドに合うように過去のROを再構築していく事を重点にしている
  • 過去のROを再現するとしても、当時のシステム面の問題点や不満点まで再現する必要はない
  • 昔のROはアイテムドロップ率が低すぎたので、「ゼロ」では改善されており、狩場で多くの種類の強力な装備を獲得できる
  • ドロップする装備に様々なオプションを付与し、アイテム収集の楽しさを感じられるようにした
  • 単純な狩りを繰り返す事が退屈に感じる事も多かったので、「ゼロ」では『ダイナミックフィールド』と呼ばれるシステムが導入される
  • 一定数のモンスターが倒されると特別なボスモンスターが出現するといった変化がフィールド狩りの退屈さを緩和させる

プレイヤーの進捗に合わせたアップデート

  • レベルキャップは60で、一次職まで実装されている状態
  • 経験値テーブルはゼロだけの専用のものになる。リニューアル以前のROに近い
  • プレイヤー全体のコンテンツ消費速度に合わせ、2週間~1ヶ月間隔でコンテンツアップデートを行う
  • 2次職アップデートもプレイヤーの進行具合に合わせて実施
  • ゼロには「メモリアルダンジョン」も実装されている
  • 「ゼロ」のレベリングはフィールドでの狩りが中心となる
  • 自分より高レベルのモンスターを相手にした時の経験値ペナルティは存在しない
  • ステータスの計算式はRO最新バージョンと同じ

Gravityのソン・ギチョル統括プロデューサーは、「海外(東南アジア)での再ロンチを試す中でROプレイヤーが望むものを確認できました。ラグナロク:ゼロはアップデートを最初から再びスタートするという心構えで、初心に帰ってサービスを進めていく予定です」と述べた。

ソース:inven

コメント

PR
タイトルとURLをコピーしました