WoWを15年、FF14を1年プレイした海外ユーチューバーが両者のコミュニティの違いについて語る

MMORPG

100万人近い登録者のいるYouTuberで声優のJesse Cox(ジェシー・コックス)氏が「15 Years of WoW vs 1 Year of FFXIV」という動画の中でそれぞれのゲームのコミュニティについて比較しているので紹介する。

以下はJesse Cox氏が動画の中でコミュニティについて語っている内容を翻訳したもの。

World of WarcraftとファイナルファンタジーXIVのコミュニティ

あなたが所属しているギルドは素晴らしいかもしれませんが、WoWのコミュニティには全般的に高い有害性が存在するという意見に我々皆が同意すると思います。これはWorld of Warcraftの本質に原因があると思われます。

wowbfaalliancevshorde.jpg

WoWはAllianceとHordeという最初から2つの勢力に分かれて争うという「対立構造」が根底にあるゲームです。争いはWoWのコミュニティの文化にテーマのように染み付いています。

WoWでは、PvPだけでなくPvEでも競争があります。誰が世界で最初にクリアしたか、誰がサーバー内で最初にクリアしたか、さらにマクロなレベルでも競争が存在します。そして、ミクロなレベルではdpsメーターのようなツールがあり、誰がパーティ内で一番なのかを判定します。World of Warcraftでは常に誰もが互いに審査をしているのです。

wowraidimage202108.jpg

WoWで協力プレイをしていたとしても、プレイヤー間で競争をしているかのようで、息苦しさを感じます。プレイヤーがWoWを長期間プレイして、知識が増えて、上達すればするほど、バイアスが形成され意見が正当化されます。あるいはその逆で、すぐに周囲に有害な態度を取り始めます。

FF14は私の経験した限りでは違います。確かにFF14のコミュニティにも有害性は存在します。話を聞いたことはありますが、実際に目撃したことはありません。配信者をやっているから特別なのか、もしくは私が幸運だからなのかもしれません。
しかし、FF14のプレイヤーに聞いてみれば、ほとんどの人はFF14のコミュニティがいかに心地よく、親切で、素晴らしいのかを教えてくれるでしょう。もしWoWのプレイヤーがFF14のコミュニティに来たら、違いを理解しなければならないことがたくさんあります。

わかりやすい例がモブハントです。WoWではレアモンスターを見つけたら、特別なドロップを手に入れるためにフレンドやギルドメンバーを連れてくるなどして、(他のプレイヤーに取られないように)できる限り速く倒す方法を探します。

FF14のコミュニティでは正反対です。
私が初めてレアモンスターを見つけてフリーカンパニーに助けを求めた時、「モブハントツアーを待て」と言われたのです。「何を言ってるの?今この場所にモンスターがいるんだけど?」私はそんな感じでした。全てのモンスターがリポップしたらモブハントツアーが組まれるから、そうしたら100人くらいのプレイヤーと一緒にマップを移動しながら対象モブを倒していき、全て報酬が得られるんだよと、フリーカンパニーの人達は教えてくれました。

mobhuntffxivimg01.png

このアイデアは私を困惑させました。私は今モンスターの目の前にいるのに、もしこの後ログアウトしてモブハントに参加できなければ、討伐するチャンスを逃すことになります。フリーカンパニーの人達は「そうだよ」と言いました。
モブハントツアーはクレイジーに思えますが、何度もやって完全に理解した今では、私はむしろこのやり方が好きです。もしWoWが同じコンセプトだったら、1、2回はプロトドレイクのマウントを獲得できるくらいの時間を失っていたでしょう。

このような仲間意識は既存プレイヤーによる新規プレイヤーへの対応にも表れています。
FF14では新規プレイヤーの名前の横に若葉マークがついており、他のプレイヤーに右も左も分からない初心者だというのを伝えてくれます。
MMOで名前の横に若葉マークをつけられたら、赤ネームくらい除け者にされたように思えてしまいますが、FF14は全く逆です。馬鹿にしたり酷い扱いをするのではなく、ほとんどのプレイヤーが若葉プレイヤーを応援したり、アドバイスしたり、ダンジョンのコツを教えてくれます。
何をしていいのかわかっていない人がいる時に、若葉マークですぐに初心者だというのがわかります。FF14は若葉プレイヤーがパーティにいると他のメンバーにボーナスを与えることもします。これが、私がFF14でコミュニティについて特別だと思う理由です。

WoWでもFF14でもたくさんのプレイヤーが新しいクラスやビルドを試すのを見ましたが、知らない事があったり、上手くできない事があると、怒られて嫌な思いをすることがあります。FF14では若葉マークで初心者だというのがすぐわかるので、知らない事があるかもしれないと予測できます。これにより、他のプレイヤーに尋ねやすくなっています。新規プレイヤーが何をしたらいいのか尋ねるのを常に恐れているというのはWoWにおける最大の問題です。

私がFF14のデイリールーレットをやっていた時、レイドのアルファ編4層に当たりました。私のパーティは若葉プレイヤーだらけでした。何度もワイプしました。私は5分で終わると思っていたものが30分以上かかっていたので、フリーカンパニーチャットでは荒れ狂ったように怒っていましたが、パーティチャットでは「クリアできるよ、頑張ろう!」と言いながら、攻略法を教えていました。

ffxivomegaalpha4.jpg

WoWに若葉マークがあったらどうなっただろうと時々考えますが、私が想像できる唯一の事は、若葉マークのプレイヤーがパーティに入ってきたら、ほとんどの場合はパーティから追い出されるだろうということです。

重ねて言いますが、これはファイナルファンタジーXIVのコミュニティが完璧という意味ではありません、もちろん、ろくでもない奴はあらゆる種類のゲームにいます。しかし、FF14のプレイヤーの一般的な性質は、WoWのプレイヤーより少し穏やかであるように感じます。
私がFF14の配信をしている時に、「間違えてるぞ」と指摘してくる人もいますが、それはどんなゲームでも同じです。

最大の違いは、FF14のコミュニティはWoWでは普通に行われている多くの事を看過できないということです。FF14では悪い振る舞いをする人への取り締まりは迅速です。中にはそれは面白くないと言う人もいるでしょう。

コミュニティについて最後にわかったのは次のことです。

WoWのプレイヤー達はWoWを楽しんでいる時でさえ、常に自分たちのゲームを攻撃しようとしています

ファイナルファンタジーXIVのコミュニティは必要がない時でさえ、常に自分たちのゲームを守ろうとしています

引用元:

コメント

PR
タイトルとURLをコピーしました