Steam ユーザーレビューシステムを変更へ。ゲームと関係ない荒らし対策

Valveは9月20日、Steamのレビューシステムに変更を加えることを明らかにした

steam_review_graph.png


最近、世界的なユーチューバーであるPewDiePieが放送で人種差別的な発言をし、これに対してPewDiePieがプレイ動画をアップしていたFirewatchの開発元であるCampo Santoの創業者がTwitterでPewDiePieを批判し、動画を削除するという措置を取った。

これに対して、PewDiePieのファンがSteamで否定的なレビューを大量に投稿し、Firewatchの評価を「賛否両論」にまで落とすという事態となった。

このように、ゲームとは直接関係のない外的要因によっていわゆるネガティブキャンペーンや荒らしのような否定的なレビューがつくことが問題視され、Valveはシステムの変更を決めた。

Valveは解決策の案を2つ検討しており、1つは株式市場のようにストップ高、ストップ安のようなものを設け、一時的にレビューできないようにするというもの、もう一つは、レビュースコアをグラフ化し、ユーザーがレビュースコアの変動を見られるようにし、異常な変化を確認できるようにするというもの。

詳細は公式サイトで確認することができる。

https://steamcommunity.com/games/593110/announcements/detail/1448326897426987372

コメント

PR
タイトルとURLをコピーしました